早く配る方法やコツ

おすすめしたいポスティングの仕事

早く配る方法やコツ

早く配る方法やコツ ポスティングは、宣伝・広告用のビラ・チラシを各個宅の郵便受けに入れていくことであり、地域に配布する上でのバイト募集されることも多いです。
一つ配布するための単価が決まっており、歩合になっているため、それを投函すればするほど稼げる仕組みになっています。
そのためポスティングの仕事では、短時間でいかに早く配ることが大切で、時間給もそれによって違うことになります。もっとも配布の行為自体は郵便受けが存在すれば、そこに入れていくだけで済むので、時間を気にしないで早朝や日中、夕方など好きな時間で投函することができます。
早く配る方法では、都心部などに存在するマンションなどの集合住宅に配布するのが効率が良いです。その理由には郵便受けがまとまった場所に存在するので、いちいち巡回する必要がないためで、まとまった数をそこで捌くことができます。
また地域によっては坂道がある場合には坂道を降りながら配布することがコツであり、高台から先に裾野に向けて行うと良いです。

蓋のあるポストに早くポスティングをする為のチラシの入れ方のコツ

蓋のあるポストに早くポスティングをする為のチラシの入れ方のコツ チラシを早くポスティングする為の入れ方にはコツがあります。ポスティングを行なう時には、肩からカバンを掛けて両手が使える状態にすることがポイントです。
50~100枚程度のちらしを効き手と反対の手に持ち、ポスティングする枚数のちらしを効き手に持ち替えて投函するのが一般的な基本スタイルだと言えます。
その時にチラシを折り目を付けないように縦半分に折るようにして持ち、蓋があるポストへ入れるする場合は、そのチラシをそのまま押し込むようにすると良いでしょう。このようにすることで、ポストの入り口からチラシがはみ出ることがなく、ポストの蓋を押し込むことが出来る為片手で投函出来て早いというメリットがあります。
効き手と反対の手でポストの蓋を開けて効き手で投函するというやり方ももちろんありますが、時間が掛かり非効率で配布単価が上がってしまいます。
ちなみに、投函口に蓋のない場合の入れ方は、縦半分に折る必要がなく、100枚程度を効き手と反対の手で持ったチラシを効き手に1枚ずつ取って投函することを機械的に繰り返します。

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>ポスティングの種類による効果の違いを紹介
>ポスティングがもたらす積極的な労働環境の改善
>ポスティング時に起こるトラブルを未然に防ぐコツ
>新規起業家必見・ポスティングで差をつける戦略
>ポスティングに潜む法令違反のリスクと対策

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>ポスティングは全国各地の不動産業界でも採用している事例があります
>ポスティングの水道工事業者は悪徳業者も紛れている
>ポスティング用広告で販促活動することについて
>ポスティングと美容院の愛想がよい理由について
>マンションでポスティング活動を行うことについて

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>ポスティングバイトを検討中なら暑さ対策と寒さ対策を
>ポスティングをする場合は集合住宅を中心に行おう!
>ポスティングはインターネットの地図を活用する
>ポスティングは運動しながらお金を稼ぐことができる
>ポスティングは一人でできるマイペースな仕事

◎2020/4/24

時間帯に気をつけよう
の情報を更新しました。

◎2020/3/4

基本となるローラー配布とは
の情報を更新しました。

◎2020/1/7

早く配る方法やコツ
の情報を更新しました。

◎2019/11/13

他の仕事との兼業
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

個人でポスティング
の情報を更新しました。

◎2019/7/12

サイト公開しました

「ポスティング コツ」
に関連するツイート
Twitter

選挙ビラ、サラリーマンによるポスティングコツ |小田原市フリーライダー

ポスティング終了! 自分がイヤにならないうちにやめるのがコツだ😅 まだまだこれからだ! また少しずつ続けていこうね!アタシ🙂