気軽に始められるポスティング

おすすめしたいポスティングの仕事

このサイトでは、ポスティングのバイトの条件や仕事の志望動機、この仕事がフリーターにおすすめなこと、個人でも行えるかや他の仕事を兼業する場合について紹介してます。
この仕事は各家庭のポストへチラシを投函するだけの簡単なもので、他の仕事のように長時間の拘束や他の人へ気を遣うこともありません。
短時間からでも働けて一人でも気楽に行えますが、どのような仕事にも良いことばかりあるわけではありません。
この仕事だから大変なことや注意すべきことなどもあります。

ポスティングのバイトの条件

ポスティングのバイトの条件 ポスティングのバイトをするときに気になるのが給料ですが、時給相場は地域によって異なりますが約750円~900円程度でカタログだともう少し高くなります。
配布数に応じた出来高制を採用している業者もあり、これだと1枚は2円から7円程度です。
時給制と出来高制はどちらが良いかですが、時給だと決まった給料がもらえるため初めて行うときはおすすめです。
ポスティングの勤務時間は時給制だと1日3~8時間程度で、日数は1日だけの短期から週に1回からと都合に合わせて働くことも可能です。
出来高制だと働く時間や日数も自由に決める事が可能ですが、早朝と夜間は勤務が出来ない所が多く、配布が出来るのは9時から18時の間になります。

ポスティングには時給制と出来高制があります

ポスティングには時給制と出来高制があります ポスティングのアルバイトを行う場合、時給制と出来高制があり、どちらが有利かというのは一概に言う事は出来ません。
例えば時給制の場合、もちろん地域によって相場は変わってきますが、大体平均して安い所だと750円位から1000円程度の所が多く、いくら配った枚数が少なかろうと多かろうともらえる額は一緒です。
一方出来高制は、配布した枚数によってもらえる給料は変わってきます。
チラシは1枚配る事で2円から7円ほどなので、頑張れば頑張った分だけ報酬も上がるのでやりがいはあります。
例えば1枚5円のチラシを1日に2000枚配る事が出来れば日給は1万円となりますし、半分の1000枚しか配れなかったら5000円にしかなりません。
戸数が多いマンションだと一度に沢山のチラシを配る事が出来ますが、一軒家にポスティングするのは大変です。
そこでもちろん会社や発注先によっても異なりますが、一軒家しかない地域にポスティングを行う場合は、単価を上げてくれる所もあるので、事前に確認をしておくと良いです。
つまりポスティングの初心者だと配るのがまだ慣れておらず、沢山配れないので時給制にした方が良いですが、慣れてきたらやればやるだけ稼げる出来高制にした方が、報酬的には有利なので、自分に合った方を選びましょう。

ポスティングバイトを検討中なら暑さ対策と寒さ対策を

企業の広告チラシやビラを家のポストに直接投函するのが、ポスティング作業の内容です。外を歩きながらもしくは決められた場所のポストに自転車やバイクで移動しながら、投函していくのが基本的な流れです。
基本的に外作業となる為夏や冬の対策は、自分の健康を守る為にも必要なことです。効率よく作業をする為にも、対策はしっかりと取っておきたいものです。
夏の暑さや冬の寒さにどちらも共通して言えるのが、水分補給です。夏はもちろんのこと冬もかなりの運動量となるので、水分をとりながら投函作業を行うと良いです。
特に寒さ対策で言えることが、厚着をしすぎないことです。歩いていれば身体が暖かくなり、重ね着をしすぎたり厚手のダウンジャケットを着ているとかえって逆効果となる場合があります。
肌着に気を使い、汗冷えしないようにすることが大切です。ポスティングは歩く距離が長く、健康効果が期待出来ると始める人も多くいます。健康的に仕事を楽しめるように、出来る対策は万全にしておくことをおすすめします。

ポスティングをする場合は集合住宅を中心に行おう!

ポスティングを行う際に、大量の数を配らなければいけないと思うと、気が遠くなります。そういう中で、家がポツンと離れている住宅街の場合は、一戸建て住宅が多いため、1軒1軒配るだけでも相当苦労します。
ポスティングを完了するだけでも相当時間がかかることが予想できるでしょう。
それに対して、集合住宅の場合は郵便受けがまとまって設置されているので、各世帯に向けて一気にポスティングを行うことが可能です。タワーマンションの場合は1棟につき数千人が住んでいるため、こういうところを狙うことで効率よくチラシが配れます。
持っているチラシを全て配り終えたら、仕事が完了するケースがほとんどですので、自分でどこに配るのかを決められる場合は、素早く終わらせるためにも、集合住宅を中心としたルートを検討してみてください。
マンションなどがあるのとないのとでは、ポスティングの完了時間が大きく異なるので、√選択の参考にすると良いでしょう。

ポスティングはインターネットの地図を活用する

かつてのポスティングのお仕事は全戸配布なら完結するのは意外と簡単でしたが、年齢や性別をピンポイントでターゲットにした商品やサービスを紹介するリーフレットなどを配布する場合には、どの家に届けるのかチェックするのも大変でした。
その一方で現在では、インターネットの地図を活用すれば簡単かつ確実にポスティングが行えます。スマートフォンひとつあれば専用アプリをインストールするだけで簡単に利用できます。
地図のアプリを開いてターゲットになる住宅にマークを付け、配布が終われば順次チェックを付ければ重複を防ぐことができます。
また、これまで勘に頼ったり闇雲に選択していたルートも、ワンクリックで最短距離で全ての家を回れるルートが提案されるのも便利です。
これらのシステムによりポスティングの効率が飛躍的に向上し、配布をいち早く終わらせて余った時間で次の仕事を入れてさらに稼いだり、自由な時間をより多く手に入れる方も増えています。

ポスティングは運動しながらお金を稼ぐことができる

ポスティングって何をする仕事というと一軒家やマンションのポストにチラシを投函する仕事で、時給制ではなくほぼチラシ1枚あたりの単価が決められているか、日給制です。
日給制の場合は1日に配布するノルマが決められているので、配り終えれば終わりなので早く終われば終わるほど時給に換算するとは高くなります。
ポスティングのチラシ1枚あたりの単価にはバラツキがあり、発注元によってだいたい2-6円ほど6円の単価で1日100枚配布すると、日給6000円になります。
また住宅街のポストに一軒一軒ポスティングしていくと、かなりの時間がかかりますがマンションのポストは一階にまとめて設置してあるため、一気に配ることがでます。
ポスティングの仕事は、暑い日も寒い日も雨の日も外を歩き回らないといけないので大変なように思えますが運動しながらお金ももらうことができるというメリットがあります。
ジムに通うには時間もお金もかかりますが、運動しながら稼ぐことができるのでダイエットにもなりますし歩きまわるので健康にもいいと言えます。

ポスティングは一人でできるマイペースな仕事

アルバイトをしたいが、職場で上司や同僚と会話したり、チームで仕事を進めたりするのが苦手、そんな人に向いているのがポスティングです。空いている時間を有効に使いつつ、自分のペースで働くことができます。
ポスティングとは、何らかの配布物を住宅やオフィスなどのポストに直接投函することをいいます。配布するのはチラシやパンフレットなどのいわゆる「紙もの」が中心ですが、他にもマグネット式のステッカーやカレンダーなどがあり、季節によってはミニサイズの団扇を配ったりすることもあります。
ポスティングの仕事は、特に指定がない限りは一人で行います。スタッフ募集に応じると自宅の住所や働ける曜日・時間帯などを考慮して担当エリアが決められ、そのエリア内での配布作業を一手に任されます。
配布物は本部のスタッフがトラックで届けに来たり、宅配便で配送されてきたりします。後は配布を完了する期限などの指定された条件さえ守れば、自由に作業を進められます。

ポスティングは全国各地の不動産業界でも採用している事例があります

ポスティングによって販売促進を行う会社は多数ありますが、多くの会社は自社製品の宣伝用として利用をしたり、飲食店などの場合ではメニューを含む広告をポスティングで配り、集客力を高める用途でも採用されています。一方で不動産業界でも採用事例はあり、地域や会社による違いはあるものの、事例をあげると賃貸アパートやマンションにお住いの方に向けて分譲マンションや戸建て住宅の案内用として利用している不動産会社も少なくはありません。この理由は賃貸物件にお住いの方は将来的にマンションや戸建て住宅を購入する計画を持つ方が多いので、一定の効果を発揮することができます。住宅街全体が古い時代に建てられており、住んでいる方々が高齢化が進んでいるような住宅街に対しては、不動産業界では便利な位置にあるマンションの購入を促すようにポスティングを利用することも少なくはありません。注意点はあり月に2度など投函するタイミングが短いことや、何度も同一の広告を投函する方法では逆効果になる可能性があるので、いつでも新鮮な情報を盛り込むことが最適ではないでしょうか。

ポスティングの水道工事業者は悪徳業者も紛れている

ポスティングの水道工事業者は悪徳業者も紛れていることがあるため、注意が必要です。ポスティングされる投函物の中にマグネット式のものがありますが多くは水道トラブルに関するもので、いざという時に冷蔵庫などに貼ってあるマグネット広告から電話してもらうことを見込んでの戦略です。非常に便利な反面、適正な価格台で実施している業者もあればそうでは無い業者も広告自体は配布できるためそういった意味でリスクがあります。これはインターネット広告も同様で、広告主は誰でも出稿が可能なので法外な金額を請求する業者も紛れ込めます。実際に消費者センターなどから被害が報告され、行政処分を受けた業者も一定数います。なのでこのような広告に左右されるのではなく、自治体などで提供している情報を参考にしたほうがはるかに安全です。特に工事やリフォームといった一定金額が見込めるビジネスは、半ば強引に事を進める環境になっているため注意しましょう。

ポスティング用広告で販促活動することについて

ポスティング会社に依頼することで、自社広告の宣伝を手軽に行うことができます。販促活動により、高い宣伝効果が期待できるのです。しかしながら、ポスティング用の広告を作るのにもお金がかかります。当然ながら、ポスティング会社に広告の投函を依頼するにも費用がかかるのです。そのこともあって、費用のことでお悩みの方も多いのではないでしょうか。それでしたら、少しでもコストを抑えることができるようにしてください。 1枚3円~のように、安く依頼することが可能な会社も存在します。販促活動により売り上げを伸ばしたい場合には、検討してみてはいかがでしょうか。さまざまな業者が存在するため、相見積もりをするのも方法です。もちろん安さだけでなく、実績や評判なども加味する必要があります。そうすることで、ポスティング会社を利用してうまく自社やサービスを宣伝することができるのです。そうなるように、まずは検索をして探してみてください。

ポスティングと美容院の愛想がよい理由について

ポスティングと美容院は相性がよく、新規顧客を獲得するツールとしてよく利用されています。ポスティングはチラシなどの広告を人が住んでいるマンションのポストに投函するもので、1枚から投函するものもあれば複数枚をまとめて行うケースがあります。最大の魅力としてエリアを指定することが可能であり、例えばお店の近くのエリアに区切って行えば近くに住んでいる人が興味を持って来店をしてくれることが想定されるからです。多くは初回来店のクーポンを乗せることで試しに利用してみて、自分に合っていれば継続的に利用してくれます。特に美容にこだわる人にとっては自分の髪を切ってくれる人を厳選するため、末永いお付き合いになることも少なくありません。もちろん広いエリアにチラシを配布してもらうことも可能ですが、SNSも発達しているので広域はインターネットを駆使して行い、お店から通いやすい近隣はチラシを配布するなどという使い分けも可能です。

マンションでポスティング活動を行うことについて

ポスティングとはチラシなどを各住戸のポストに配布することで、広告宣伝活動の一つです。おそらくどのような人であっても、自宅のポストに特に自分宛ての郵便物ではないチラシが投函されていた経験を持っているでしょう。ポスティングの対象となっているわけですが、マンションでは特によく見られることがあります。一戸建てと違って集合住宅の場合、複数住戸のポストが一か所にずらりと並んでいるという特徴があります。ポスティングはかなり原始的な広告活動で、担当者が1枚1枚ポストに投函していかなければなりません。一戸建てであれば隣の家まで数メートルか数十メートル程度かもしれませんが、それでも多数枚となると馬鹿にならない体力と時間が必要になってきます。集合住宅であればこの移動にかかる時間とか体力が不要ですから、実施する側からいえば効率的です。そのため集中的なポスティング対象とされることもあって、管理組合などがチラシ投函禁止の張り紙をしているようなこともあります。

ポスティングの種類による効果の違いを紹介

ポスティングは、様々な情報を広く伝えるための広告手法です。 多くの企業や店舗が、商品やサービスの宣伝のために利用しています。
本日は、ポスティングの種類に応じた効果の違いについてご紹介します。 最も一般的なポスティングの方法は、折込チラシです。
これは新聞の間に挟んで配布されるため、特に日用品や多種多様な商品を扱うスーパーマーケットが好んで使います。
反応期待度が高く、地域密着型の宣伝に適しています。 次に、ポスティングの流れを変える手法としてダイレクトメールがあります。
こちらは対象となる顧客に直接郵送し、より個別のニーズに合わせた情報提供が可能です。 また、手渡し式のポスティングも有効です。
人の手で直接配布することで、消費者の興味を引きやすくなります。 しかしながら、大規模な配布には多くの人員が必要となるためコストがかかる点がデメリットです。
ポスティングの種類を見極めることで、より高い広告効果を目指すことができるでしょう。 それでは、実際にポスティングを行う際は、地域性やターゲット層を考えながら、最適な方法を選ぶことが重要です。
どの種類を選ぶにしても、ポスティングはターゲットに直接手が届く、非常に有効な方法であると言えるでしょう。

ポスティングがもたらす積極的な労働環境の改善

ポスティングは情報の伝達手段でありながら、さらなる利点として労働環境の質的向上にも貢献しています。 この手法を導入することで、従業員の相互理解が深まり、モチベーションが高まることが期待されています。
実際、ポスティングによって生じる好影響には、職場内での生産性の増加も含まれており、多くの組織で積極的に採用されています。
情報共有の枠組みとして利用されるポスティングは、業務の指示だけでなく、社内研修や福利厚生の情報提供にも有効です。
従業員にとっても重要な案内や更新される社内ニュースを把握することに役立ちます。 また、安定した労働環境が求められる現在、ポスティングは従業員満足度を向上させる上で重要な役割を果たしています。
情報の積極的な共有は、組織の透明性向上に寄与し、従業員と企業の信頼関係を築く基盤となります。 これにより、各個人が自分の役割をより深く理解し、組織に対する意欲的な姿勢を持つようになります。
ポスティングは単なる伝達ツールにとどまらず、職場環境を根源的に支え改善するためのキーとなるのです。

ポスティング時に起こるトラブルを未然に防ぐコツ

ポスティングは、企業や店舗にとって重要な宣伝手段の一つです。 しかし、その活動はトラブルを伴うことも少なくありません。
成功を収めるポスティングを行うには、事前の準備が重要になってきます。 まず、配布するチラシのデザインが重要です。
受け取った人が興味を持ち、実際に手に取って読んでくれるような工夫を凝らす必要があります。 また、ポスティング先のセグメントを定め、ターゲットにマッチした内容であることを確認しなければなりません。
さらに配布エリアの選定も重要です。 無駄なく効率的に配布を行うためには、事前の市場調査が欠かせません。
ポスティング先でのトラブルを避けるため、許可されたエリアでの配布や民間の敷地に無断で投函しないなど、法令遵守もまた大切です。
実際にポスティングに出る際には、適切な服装と身だしなみを整え、笑顔と挨拶を心掛けながら行動しましょう。 これにより地域住民との良好な関係を築き、信頼性の向上へとつながります。
トラブル回避のためにも、事前の綿密な計画と、現地での礼儀正しい行動が何よりも重要です。

新規起業家必見・ポスティングで差をつける戦略

新規起業家が市場に参入する際、オフラインのマーケティング戦略としてポスティングはまだまだ有効な手段です。
ポスティングを行うことにより、ローカルエリアでの認知度向上が見込まれますし、ターゲットとなる顧客層にダイレクトにアプローチができるからです。
特に、起業初期で予算が限られている中小規模のビジネスでは、コストパフォーマンスに優れたポスティングはマーケティング活動の柱の一つと言えるでしょう。
ただし、ただ闇雲にチラシを配布するのではなく、戦略的にポスティングを活用することが結果を左右します。 まず重要なのは、配布するチラシのデザインと内容です。
ターゲットに刺さるメッセージと魅力的なビジュアルを用いれば、受取人の興味を引き、アクションを促すことが可能です。
次に、配布エリアの選定も非常に大切です。 サービスや製品が求められる地域を見極め、計画的に配布することで効果を高めることができます。
また、ポスティングの効果を最大化するためには、配布したチラシに応じた追跡調査も欠かせません。 どのエリアでどの程度の反響があったのかを把握することで、さらなるマーケティング戦略の洗練につながるのです。
ポスティングは、ただチラシを配るだけではなく、計画的かつ戦略的なアプローチが求められます。 しかし、これを成功させれば、大きなリターンをもたらす可能性を秘めており、起業家にとって有用な手段となることでしょう。

ポスティングに潜む法令違反のリスクと対策

ポスティングは多くの企業や個人事業主が利用する広告手法の一つですが、無差別や無許可での配布は法令違反にあたることがあります。
ポスティングの際にはまず、地域の条例や規制を確認することが重要です。 特に住宅地域においては、ポストに「チラシお断り」と記載されている場合は、その意思を尊重しないとトラブルの元にもなりかねません。
また、公共の場所への無許可でのポスティングは美観を害することもあるため、清掃活動の邪魔となったり、犯罪の温床と見なされることもあります。
これらのことから、予め許可を取るか、配布できるエリアを把握することが必須となります。 さらに、ポスティングを行う際には、配布員の教育も欠かせません。
配布員が不法投棄を行った場合、その行為は法令違反となり、配布を委託した企業もその責任を問われることになるためです。
法令違反を避けるためには、配布物がどのようなルートでどのように配布されるのかを明確にし、配布員に対しては十分な指導を行うことが肝心です。
また、配布後のフォローアップも大切であり、配布物が不適切な場所に捨てられていないかの確認も必要です。 このようなリスク管理を行うことで、ポスティングにおける法令違反のリスクを最小限に抑えることができます。
ポスティングはコスト効率が良く効果的な広告手法の一つとされていますが、法規制に反する行為は企業イメージを損なうだけでなく、法的な罰則を受ける可能性もあります。
そのため、ポスティングを行う場合には、常に法令遵守を心がけることが不可欠です。 効果的にかつ適法にポスティングを行うことで、企業の信頼を守りながら、広告の目的を達成することが求められています。

ポスティング関連情報サイト

ポスティング

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>ポスティングの種類による効果の違いを紹介
>ポスティングがもたらす積極的な労働環境の改善
>ポスティング時に起こるトラブルを未然に防ぐコツ
>新規起業家必見・ポスティングで差をつける戦略
>ポスティングに潜む法令違反のリスクと対策

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>ポスティングは全国各地の不動産業界でも採用している事例があります
>ポスティングの水道工事業者は悪徳業者も紛れている
>ポスティング用広告で販促活動することについて
>ポスティングと美容院の愛想がよい理由について
>マンションでポスティング活動を行うことについて

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>ポスティングバイトを検討中なら暑さ対策と寒さ対策を
>ポスティングをする場合は集合住宅を中心に行おう!
>ポスティングはインターネットの地図を活用する
>ポスティングは運動しながらお金を稼ぐことができる
>ポスティングは一人でできるマイペースな仕事

◎2020/4/24

時間帯に気をつけよう
の情報を更新しました。

◎2020/3/4

基本となるローラー配布とは
の情報を更新しました。

◎2020/1/7

早く配る方法やコツ
の情報を更新しました。

◎2019/11/13

他の仕事との兼業
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

個人でポスティング
の情報を更新しました。

◎2019/7/12

サイト公開しました

「ポスティング バイト」
に関連するツイート
Twitter

一時は良くなっていたのに 早朝覚醒が再発😓 一日中眠い、だるい、頭痛 疲労感が取れない‥睡眠不足は万病の元だわ。。どうせ寝れないなら早朝ポスティングバイトでもやろうかな📮

ポスティングとかピッキングって一年引きこもりコミュ障でもできるかな 復学に伴ってバイトもう一度戻りたい

返信先:早めに言ってくれたらポスティングバイトしますよ〜🙋

ポスティングバイトしようか迷ってるんですけど実際どうですかね?

返信先:以前、法政大学卒業して同人誌売りしてたのも居たけど… あと明治卒業してバンドマンやってて全く売れずそのまま50過ぎてもアルバイトで20歳のやつにクビにされ、55位までポスティングバイトして歩き回ってたやつ居た(独身実家暮らし)